2016年09月07日

2016年9月7日〜9月11日 白木原一仁 ソロマイム公演

白木原一仁 ソロマイム公演
「For スマイル」

201609shirakihara.jpg

公演日時 : 2016年9月7日(水)〜11日(日)
 7日(水)20:00~
 8日(木)20:00~
 9日(金)15:00~/20:00~
 10日(土)13:00~/17:00~
 11日(日)11:00~/15:00~ 計8回公演
 受付開始、開場共に開演の30分前となります。

会場 : イロリムラ プチホール
料金 : 2500円(当日・前売 共に)

出演 : 白木原一仁
構成/演出 : 白木原一仁
舞台監督 : 沢渡健太郎
照明協力 : 加藤直子(DASH COMPANY)
音響 : BGY
宣伝美術 : 麻紀
制作 : 秋津ねを(ねをぱぁく)
制作協力 : 村瀬静 

予約
 チケット管理システムhttps://www.quartet-online.net/ticket/forsmile
 メール予約 neopark01@gmail.com
 (希望日時、枚数、お名前、ご連絡先を明記)
 電話予約 090-8379-4072
 お問い合わせ:電話 090-8379-4072
           メール  neopark01@gmail.com(秋津)


【アーティストプロフィール】

白木原 一仁 (しろきはら かずひと)

 1973年 3月10日生まれ (43歳)
 俳優・パントマイミスト・ななめ45°主催

 身体のしなやかなさと、明瞭かつ独特な声質が特徴。
 穏やかながらも、その立ち居振る舞いから醸し出される存在感、
 リズム感のある演技と表現力に定評がある。
 パントマイムや演劇といった舞台表現を主軸に、映像やゲームソフトのモーションアクター、
 テーマパークでの出演やバンド演奏など、身体と言葉を使った自由な表現活動を続け現在に至る。
 大阪アニメーションカレッジ専門学校にてパントマイムと演技を指導。

 1994年、劇団ひまわり大阪 俳優養成所に入所し、演劇の世界へ。
 1998年、上海太郎舞踏公司に入団。座長 上海太郎にパントマイムを師事。
 2001年の退団まで全作品に参加。
 「Rhythm」「マックスウェルの悪魔」などの代表作では重要なポジションにも起用された。
 2002年、プロデュースユニット ななめ45°を旗揚げし、これまでに7作品を上演。
 近くではソロマイム「For スマイル」(2015年5月)を上演し、「セリフがないのに心を揺さぶる。
 感動で涙が止まらない」と観客から大きな評価を得る。
 2013.7 イタリア ローマにて、Gregg Goldston氏によるのパントマイム
 マークショップGMI summer intensiveに参加。
 5ヶ国から集まったメンバーで作品創作にも挑戦した。


ななめ45°
 白木原一仁が主宰する表現活動の為のソロユニット。
 決して芸人3人組ではない。公演の度にコンセプトを設けその為の形態を模索する。
 外部協力者多数。’07よりパントマイムワークショップも行うようになる。

 公演では「いきる」をテーマに身体・音・言葉を重要な要素として小作品を提示。
 『コヲシトハナ』では、時にバカバカしく、時に悲哀を漂わせるシーンの積み重ねにより、
 観る者の心に様々な感動と想いを刻み込んだ。
 『ヲトミズ』ではオリジナル楽曲を用いた作品創りを。
 『ヲルベキモノ』では会話を排除し、『ホヲツタフ』では小作品群の枠を取り払い
 1本のストーリー作品に挑戦。『キノピヲ』は有名な童話を元に新しい一面を展開した。
 『スマイル』は短編アニメ作品を原案とした、初めてのソロ作品。

 ななめ45°作品
 『ソラヲミテイタ』(’02 芸術創造館)
 『コヲシトハナ』 (’04 神戸アートヴィレッジッセンター KAVCチャレンジシアター’03~’04参加作品)
 『ヲトミズ』(’05 IMPホールOSAKA SHORT PLAY FESTIVAL2005参加作品)
 『ヲルベキモノ』(’08 シアトリカル應典院)
 『ホヲツタフ』(’09 シアトリカル應典院)
 『キノピヲ』(’11 シアトリカル應典院)
 『スマイル』(’11 アトリエS-pace 裸の劇場2011参加作品)
 『スマイル』(’12 in→dependent theatre 2nd INDEPENDENT:12参加作品)
 『For スマイル』(’15 in→dependent theatre 1st)
















posted by イロリムラ at 00:00| 2016年9月