2016年08月03日

2016年8月3日〜8月8日 幾分どこかに置こう

幾分どこかに置こう

201608ikubun.jpg


永田明日香
iiitomosukeiii
松田有加


2016/8/ 3(水)〜8/ 8(月)
12:00〜20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室1


幾分どこかに置こう」をテーマに3人の大学生がそれぞれ平面作品を制作しました。


【作家プロフィール】

永田明日香
 1996年生まれ、滋賀大学教育学部美術専攻在学中。
 私が今、絵を描いている理由は芸術は死ぬまで続きそうだからです。
 「生きていくには芸術なんてなくても生きていけるでしょ?なぜあなたは絵を描くの?」
 と質問されたときに、「生きる意味って何?」と質問されているのと同じ感覚になりました。
 生きてる意味は、死ぬまでわかりそうにないし、芸術の意味もそれと同じように
 ずっと続けていかないとわからないと思います。
 個々の芸術に一生考えることのできる問題を与えてくれる芸術が大好きです。
 木版画を主に、油絵も制作しています。
 twitterアドレス https://twitter.com/_chimuuuuu_

 nagata_1.jpg

 nagata_2.jpg


iiitomosukeiii
 1996年生まれ、大阪在住。京都精華大学洋画コース在学中。
 私は自分の中で複雑に相互作用しているものたちを、相応しい形で言葉にすることができません。
 だから絵を描きます。原動力となるのは大抵、心の中でうねるように湧き上がっている感情です。
 (それらは普段は外に出てこないように抑え込まれています。)
 人間は条件の集合体であると考えます。
 木々をかき分けるように生きて、自分だけの条件の組み合わせを出力したい。
 それが私にとっての作品です。
 作品の画面上に、自分が知らない自分を見ることはとても新鮮で面白いと感じます。
 twitterアドレス https://twitter.com/iiitomosukeiii

 iiitomosukeiii_1.jpg

 iiitomosukeiii_2.jpg 


松田有加
 大阪芸術大学

 matsuda_1.jpg

 matsuda_2.jpg



【展示風景】
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg










posted by イロリムラ at 00:00| 2016年8月